脳卒中予防サプリメント

脳卒中の予防に効果的なサプリの成分とは

脳卒中は脳の血管が破れることによる脳出血や、脳の血管が詰まることで発症する脳梗塞などの総称です。脳は生命維持に大きな役割を果たしている部位です。そのため脳卒中によりその部分にダメージが発生すると命の危機に直結する恐れが高くあります。また命が無事であったとしても、ダメージを負った部位や適切な処置を受けるまでの時間によっては重篤な後遺症が発生することもあります。ですから脳卒中は予防に努めることが重要だと言えます。脳卒中の予防に効果が期待できるサプリメントに含まれていることが多い成分として、まずはDHAやEPAが挙げられます。これは青魚などに多く含まれている脂質で、血中コレステロールの抑制や、血液促進作用があるとされています。このことから脳の血流をスムーズにし、血管に対するダメージを緩和すると共に、血管の詰まりを予防してくれることにも効果が期待できます。それから食物繊維です。きのこ類や海藻類に多く含まれている食物繊維にも、血中のコレステロールを排出する作用があるとされています。血中にコレステロールが溜まると、いわゆるドロドロ血と呼ばれるような状態になり、血流が滞りがちになるので脳卒中のリスクは高くなると言えます。ですからこれらの成分を含んだサプリは脳卒中予防に効果が期待できます。それからイチョウ葉エキスです。ギンコライドが豊富に含まれているイチョウ葉エキスには、血小板の凝固を防いだり、血管壁に血栓ができるのを抑制する作用があります。血小板が凝固すれば血流は滞りやすくなりますし、血管壁に血栓ができるとそれにより血管が詰まってしまうことも考えられます。同様に納豆に含まれている酵素、ナットウキナーゼにも血栓を溶かしやすくする作用があると言われていますから、これを含んだサプリもおすすめです。そしてポリフェノールやセサミンなどの抗酸化力に優れた成分も、血管の錆びつきを防ぐことで血液の流れを良くする作用が期待できます。そのため脳卒中の予防に対しても良い影響が期待できます。

 

 

脳卒中の予防薬の種類とその副作用とは

高齢になってくると、今までなんともなかった食生活も問題になってくることがあるものです。ですから食生活に気を付けなければいけませんが、食べ物だけでなく食べ物に使う調味料の成分にもこだわらなければいけないことが出てくるものです。体に良いと言われている和食も、意外と塩分が多く含まれている料理の一つになるので注意していくと良いでしょう。塩分が多い食事やコレステロールの多い食事を取っていると生活習慣病や脳卒中のリスクも増えていくので、できるだけそういったリスクを減らすようにするためにも塩分控えめの食事をしていくと良いでしょう。そして塩分控えめの食事をしていくには、高血圧症の人のためのメニューなどを参考にしていくのも良いでしょう。高血圧の人も血圧を下げるために塩分を控えていかなければなりませんから、脳卒中予防のための食事にも役立つでしょう。高血圧である人は血圧が高いことにより血管が詰まり、脳卒中になるリスクも高いです。ですから血管を拡張させる薬や、血圧を下げるための降圧剤などを使用することもありますが、こうした血圧を下げる薬というのは副作用としてめまいやふらつき、頭痛などを感じることもあるものです。ですから外出する時や仕事に支障をきたすような時は使用しないほうが良いということもあるものです。ですが、薬というのは一時だけ飲めば良いというものでもなく、ずっと継続的に飲んでいかなければいけないようなことがほとんどです。ですから飲むのであれば、あまり強くなく、日常生活に支障がない程度の作用が働くものを選んでいくと良いです。生活習慣病を予防するためのサプリは手軽に通販などで購入することもできますが、血圧を効果的に下げる薬などは医薬品となるため、医師の診察を受けたうえで自分にあったものを処方してもらうようにすると良いでしょう。そして副作用が出やすい医薬品の場合は無理に続けないということも大事です。

 

 

脳卒中の予防法いろいろ

脳卒中は簡単に言うと脳の血管が破れてしまう、詰まってしまうことで引き起こされる病気のことです。脳は、人間の生命維持のために大きな役割を果たしている部位です。脳卒中を発症するとその部分に大きなダメージが発生してしまうため、命の危機に至る確率が高くあります。また命が助かったとしても、治療が遅れたりすることで重篤な後遺症が発生することもあります。ですから脳卒中は発生させないための予防努力をすることが求められます。脳卒中の予防法ですが、まずは脳の血管が破れないよう、詰まらないようにすることが必要です。そのためには脳の血管を健康に保つことが重要です。血管の健康を阻害する大きな原因としては、動脈硬化が挙げられます。動脈硬化は脂質の多い食事、喫煙や飲酒習慣、ストレスなどによって引き起こされやすくなります。また高血圧や高脂血症、糖尿病と言った生活習慣病でも動脈硬化は引き起こされ得るので、それらの病気が引き起こされないような生活習慣を心がけることも予防法です。脂質はできるだけ控え、野菜や魚類、海藻類などもバランスよく摂取すること、飲酒は適量を心がけ、喫煙は健康のことを思うのであれば今すぐ断つことが望ましいです。ストレスとも適度な距離を置き、自分なりの解消法を見つけて下さい。それからもうひとつは適度な運動習慣を持つことです。運動の内、有酸素運動は酸素を取り込むことで血管の柔軟性を保ち、血流を促進する作用があります。そのため脳卒中の予防に対しては勿論のこと、全身の血管性疾患のリスク、動脈硬化や高血圧、糖尿病のリスクを減少させることにも効果が期待できます。1日20分程度、早歩きのウォーキングを行うようにするととても良い影響が期待できるとされています。運動によって汗をかくと血液中の水分も減少します。そのままの状態では血液の流れも滞りがちになり、詰まりやすくなることが考えられるので、適度に水分を摂取することも必要です。このことは日常においても脳卒中の予防法のひとつです。アルコールやカフェインを含んだ飲み物は避け、常温の飲み物を少量ずつ飲むようにするのが望ましいです。

 

 

脳卒中の予防に効果的な食べ物や食事について

脳卒中の原因は高血圧です。日頃の偏った食生活や運動不足、喫煙、過度の飲酒などにより引き起こされ、高血圧、糖尿病、脂質異常症、心臓病から脳卒中へとつながっていきます。それを予防するには毎日の食事や食べ物が大切になってきます。普通に生活していても発生してしまうのが、活性酸素ですがストレスや運動不足、乱れた食生活などからも増えてしまい悪さをしますのでできるだけ取り除くような食事をしましょう。それには抗酸化物質の多く含まれた食べ物を摂取することです。ビタミンCやE、カロテンが多く含まれる緑黄色野菜は代表格です。かぼちゃや人参、ほうれん草など色の濃い野菜に多く含まれます。ポリフェノールもその一種ですので積極的に取り入れます。簡単な所だと、緑茶やトマト、ブルーベリーやココア、大豆などにも含まれます。100パーセントのジュースや豆乳などからも摂取できます。また、魚に含まれるDHAやEPAには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果がありますので積極的に摂りましょう。さば、いわし、さんま、あじ、まぐろ、にじます、鮭、にじますなどに多く含まれます。血液をサラサラにしてくれますので、血管が詰まるのを防いでくれます。そもそも、悪玉コレステロールが溜まったり、中性脂肪が増えたり、血液がドロドロになるのはどうしてなのでしょうか。それは、普段何気なくとっている食事に原因があったりします。たとえば玉子の食べ過ぎやバターのとりすぎ、牛肉などの動物性脂肪の過剰摂取、また、インスタント食品やジャンクフードなどの食べ過ぎです。塩分や余計な油が多く含まれます。漬物や干物、麺類のスープなどは相当塩分が強いので動脈硬化を促進してしまいます。醤油やみそ、ソースはおいしいですが、お酢やレモン汁、スパイスなどで塩分を減らし、かけるではなく小皿にとって付ける習慣をつけましょう。お菓子も美味しいものですが、糖分や油分が多すぎます。干し柿や甘栗、干しイモなどの食物繊維豊富な素朴な甘みに慣れるようにしましょう。

 

 

脳卒中になるリスクの高い生活習慣とは

脳卒中のリスクを上げてしまう良くない生活習慣としては、主に4つの習慣が挙げられます。まずは「飲酒」についてです。気が向いた時に飲む程度であればそこまで気にする必要はありませんが、毎日大量のアルコールを摂取しているような場合には注意が必要です。過度な飲酒は脳卒中のリスクを高めるだけでなく、アルコール依存症などの病気にもかかりやすくなってしまいます。
飲酒と同様に「タバコを吸いすぎること」も良くありません。タバコに含まれるニコチンなどの成分には心臓や血管を弱らせる働きがあり、大変危険です。さらに、喫煙は一度始めてしまうと「なかなかやめることができない」という中毒性を持っています。こうして長年にわたって喫煙を続けていくことで、脳卒中になる確率はどんどん高まっていくのです。
それから「普段あまり運動をしない人」も気を付けなければいけません。一般的に運動不足の状態が続くと肥満を発症しやすくなりますが、こうした肥満の症状は脳卒中を引き起こす原因の一つでもあります。また、肥満になると脳卒中以外にも動脈硬化や糖尿病といった病気にかかりやすくなるので危険です。
最後は「食生活」についてですが、日頃から揚げ物やラーメンばかりを食べているような場合には特に注意しなければいけません。こうした食べ物は栄養バランスが偏りやすいため、食べすぎは体に良くないのです。また、通常の食事に比べて高カロリーなので肥満などのリスクを上げることにも繋がってしまいます。
こうした4つの生活習慣は脳卒中のリスクを大幅に高めるため、もし1つでも当てはまった場合はなるべく改善していくような努力が必要です。飲酒や喫煙は極力控えるようにし、体は定期的に動かすようにしましょう。また、食事をする際は栄養バランスをしっかりと考えるようにしてください。現在の良くない生活習慣を正し、脳卒中にかかるリスクを少しでも減らしていけるように頑張っていきましょう。